私はとても汗っかきで悩んでいました。

脇汗をかいている女性

顔汗や手汗もかくのですが、特に脇汗をひどくかきます。

 

緊張したり焦ったりすると、すぐに脇汗や顔汗が出てきますし、冬でも暖房の効いた部屋でいると脇汗が出ます。

 

暑いからといっても脇汗を見られるのが恥ずかしいので、上着を脱ぐことができず余計に脇汗をかきます。(汗;)

 

これだけ脇汗をかきやすいと、電車に乗ってもつり革なんて持つことができませんし、薄い色の服を着れないんです。

 

白や黒なら、そんなに脇汗が目立ちませんが、少し薄めの服だと脇汗がにじむとかなり目立ちますので。。

 

家にいるときは何度も着替えて脇を拭いたりできますが、外で働いでいるので脇汗をかいたからといっても着替えることもできません。

 

脇汗には気を使いますし、逆に周りの人も気を使って見て見ぬふりをしているのを感じるのも嫌です。

 

私は普段全く運動しないのですが、運動不足は少しの環境の変化で汗が出やすい体質になるそうですね。

 

どうせ汗をかくのなら運動やスポーツをして汗をかくのが良いのでしょうが、毎日忙しいので運動の時間も取れないんです。

 

もちろん、いろんな制汗剤を試してみましたが、つけたすぐは良くても少し時間が経てば効かなくなりますよね。

 

そもそも、市販されている安い商品は、サラサラパウダーや芳香剤でごまかしているものがほとんどだと思います。

 

それに、スプレーはガスが入っているので肌によくなかったり、ロールオンタイプは直接肌にロールを当てるので雑菌が繁殖しやすく、つけたあと臭いが出やすいそうです。

 

脇のスキンケア見つけました

それで色々と調べたのですが、脇汗を止めるために一番大切なことはしっかりと保湿をして肌を健康に保つことだそうです。

 

もちろん、脇汗は体質によってたくさん出てくるものなので、ストレスを抑えたり食事に注意したりすることも大切ですが、外からできることもしっかりと対策したいですよね。

 

顔や手のスキンケアをするように、お風呂から出た後や朝にしっかりと脇のスキンケアをすることが重要なんですね。

 

そんな脇汗用のスキンケアをしてくれる制汗ジェルクリームがあるんです。

それがこの薬用「リサラ」です。

 

リサラ

リサラ

 

この会社では、脇汗用クリーム「リサラ」のほかに、脇の臭い対策用クリーム「ラポマイン」や、脇の黒ずみ対策用クリーム「ピューレパール」なども販売しているんですよ。

 

Lapomine

ラポマイン

 

Pule Pearl

ピューレパール


脇汗の悩みと対策

悩ましい脇汗の対策について聞いてみました。

 

夏は脇汗が気になって手を上げれない!

暑いと脇汗が

 

元々汗っかきで冬でも脇は汗をかいてしまうのですが、やっぱり脇汗が一番気になるのは夏です!

 

夏には制汗スプレーで脇をしっかりとガードしているにも関わらずに気づけば脇汗で洋服がビッショリ!なんてこともよくあります。

 

脇汗に効く!と宣伝している制汗スプレーやクリームを使っても、どうしても脇汗は止まってくれません。

 

なので夏に手を上げることが恐怖です。電車で吊り皮を持つ…なんてことは絶対に無理です!毎年、本当に脇汗には困らせられます。

 

脇汗を気にせずにグレーのTシャツを着ている友人を見ると羨ましくてしょうがなくなります。

 

脇汗がひどい私がグレーのTシャツを着ることは自殺行為と同じなので。グレーほど汗が目立つ色はありません。

 

制汗スプレーでもクリームでも脇汗が止まらない私が、たどり着いた脇汗対策は汗が出る事はしょうがない。あとは目立たないようにしようということです。

 

なので私が夏に着る洋服の色は白か黒、もしくは紺など汗が出たとしても目立たない色のものにしています。その中に脇汗パットがついた薄い下着を着ています。

 

大抵の脇汗は下着についた脇汗パットで防げるのですが、もし万が一に汗が漏れたとしても目立たない色の洋服を着ているので実は脇が汗でビッショリ!なんてことはバレていないと思っています。

 

それでももし脇汗を見られたらと思うと怖くて手は上げれませんが。

 

しっかりと脇汗が止まる制汗スプレーなりクリームなどができてくれればいいのにと願いながら今年の夏も終わりそうです。

 

脇汗を抑えるアイテム

 
 

脇汗がひどいせいで、恥ずかしくて人前に出れません

脇汗は頻繁に洗う

 

私は人よりもいっぱい汗をかいているような気がします。中でも脇汗は多いです。気がついたら脇はびしょびしょになって、冷たくなっているのです。だかライまでも欠かさずタオルを持ち歩いています。

 

そして最近実行している事があります。それは脇を中心にしっかりと洗う事です。夜はお風呂に入るのでもちろんですが、脇汗をいっぱいかいた日にはシャワーをあびています。その時に脇は石鹸で丁寧にしっかりと洗っているのです。

 

以前は脇専用のロールオンを塗っていました。でもこれを塗る事で、脇汗をかいた時にはもっとべたべたになってひどくなるのです。脇が真っ赤になった事もあったのです。だから何も塗る事はしません。そのままにしておくのです。

 

拭く時もタオルでごしごしとこすってはいけません。優しく丁寧に拭くのです。刺激を与えてしまうと、いっぱい脇汗をかいた時に痛くなってしまいます。だから優しくするのです。

 

脇汗をいっぱいかいた時にすぐ気付いたら、その都度タオルで脇を拭いています。でも老けない時だってあるのです。誰かと一緒の時にはそんな事できません。だからあとから拭くのです。

 

洋服にもシミが目立ってしまいます。それは人には見られたくないのです。でもついてしまったら、見られてしまいます。なるべく見られないように、腕をあげないようにしています。

 

脇汗をかく事はとても恥ずかしい事だと思うのです。だから私はタオルを持ち歩いて、いつでも拭けるようにしています。

 

脇汗を抑えるアイテム

 
 

毎年悩む脇汗をなんとかしたくて考えました

脇汗の臭い

 

毎年、夏になると脇汗に悩むことが多くなってしまうのですが、なぜ脇汗に悩むのかと言うと、1つ目に匂いの問題があり、2つ目に汗じみの問題、3つ目に見た目の問題があります。

 

正直冬場も脇汗で悩むことはありましたが、やはり悩む頻度は夏場が断然多くなります。なんと言っても匂いが気になることが脇汗をどうにかしたいきっかけでした。

 

汗をかいた瞬間ではなく、しばらく時間が経ってから匂いが気になってしまうし、場合によっては服が汚くなってしまうのでとても悩んでいました。

 

汗対策として1年中、制汗スプレーを活用していたのですが、効き目はイマイチですし、コストパフォーマンスも良くないのでその点も悩んでいました。

 

大事な仕事前や、人と会う前には汗拭きシートで拭いてから制汗スプレーでごまかすということを続けていましたが、これでは全く解決にならないと思い、改善方法を考えました。

 

私なりに考えた改善方法は、まず朝にシャワーを浴びることはもちろんですが、脇を洗いすぎないということです。

 

デリケートゾーン用の専用石けんで洗うようになってから匂いがあまり気にならなくなってきたので、専用石けんで優しく洗うようにしています。

 

また、ここ数年脇汗を無臭化できるようなクリームも発売されており、通販で簡単に手に入ります。これを活用するようになってから制汗スプレーに頼らずとも脇汗で悩むことが少なくなりました。

 

汗をかいてしまうことに過剰に反応するのではなく、丁寧にケアをするようにしています。

 

脇汗を抑えるアイテム

 

制汗用と体臭用の違い

脇用のクリームっていろんな種類がありますよね。

 

リサラを販売している会社も、そのほかにラポマインやピューレパールといった脇用クリームを販売しています。

 

同じ脇用のクリームなのに何が違うのでしょうか、調べてみました。

 

すると明らかに違ったのが薬用(医薬部外品)の有効成分なんです。

 

きちんと目的のために違った有効成分が、それぞれに入っているんですね!(当たり前か・・・)

 

リサラ(制汗用)の有効成分

毛穴を引き締めて汗を抑えるのと、菌の繁殖を抑える成分が入っていました。

  • クロルヒドロキシアルミニウム

クロルヒドロキシアルミニウムの機能としては、「抗菌・防腐・殺菌」と「収れん/スリミング/消臭」の効果が認められているそうです。

リサラの詳細

 

ラポマイン(体臭用)の有効成分

ニオイ菌の繁殖を抑えるのと、消臭の有効成分が入ってました。

  • パラフェノールスルホン酸亜鉛
  • イソプロピルメチルフェノール

パラフェノールスルホン酸亜鉛の機能としては、「収れん/スリミング/消臭」の効果が認められています。

 

イソプロピルメチルフェノールの機能としては、「抗菌・防腐・殺菌」と「スカルプケア」の効果が認められています。

ラポマインの詳細

 

ピューレパール(黒ずみ用)の有効成分

炎症を抑えるのと美白の有効成分が入ってました。

  • グリチルリチン酸2K
  • 水溶性プラセンタエキス

グリチルリチン酸2Kの機能としては、「抗炎症」「抗ニキビ」「スカルプケア」の効果が認められています。

 

水溶性プラセンタエキスの機能としては、「美白」の効果が認められています。

ピューレパールの詳細

脇汗についての質問コーナー

脇汗用のクリームや制汗剤が効かないのですが・・

先汗用のクリームや制汗剤は、その薬用成分が脇汗が出るのを抑えて、細菌の繁殖も抑えて臭いも出にくくするものです。

 

脇汗が出る理由としては、緊張やストレスから来る場合と、女性ホルモンバランスの乱れから来る場合があるとされています。

 

これらは誰にでもある状態ですが、同じ緊張状態やホルモンバランスの乱れがあっても、体質によって汗が出やすくなります。

 

もし体質によって汗が出やすく、薬用クリームなどでは効かない場合は皮膚科などで手術する方法もあります。

 

また、これらの症状が思い場合、つまり「神経症」と認められるほどの症状の場合は、薬用品では効果を得ることが難しくなります。

 

そのような状態かどうか医師に診てもらう必要があると思いますが、もしそう認められればカウンセリングなどの精神療法によって改善する場合もあるようです。